【楽しく学べる】スーパーマーケットビジネスモデル解説③~スーパーの価値についての考察~

Kei-kun
Kei-kun

僕はスーパーマーケットで働きたいと思っているんですが、スーパーマーケットがどんなビジネスモデルで成り立っているのか知りたいです。教えてもらえませんか?

この記事では、そんな悩みに答えたいと思います。

本記事の信頼性

Masa-kun
Masa-kun

私は「販売職×食品」業界で、これまで2回の転職に挑戦してきました。

 

✅1度目は24歳の時”スケールアップ”転職

地域生協から一部上場GMSへ

 

✅2度目は30歳の時”ステージアップ”転職

一部上場GMSから県域一番の食品SMへ

売場責任者(主任)→バイヤー、店長、事業責任者へ

 

タイプの違う3つの食品小売企業で経験を積む業界のプロです。
【Twitter】https://twitter.com/masa_m2

 

2022年に業界知見をまとめた著書

「スーパーマーケットの新潮流」を出版しました。

『スーパーマーケットの新潮流~生鮮DSと小商圏店舗型NS登場によるSM業界の変革』要点まとめ解説
スーパーマーケット業界は大きな転換期を迎えている。変革の主軸は、生鮮ディスカウントストアの登場。生鮮食品の鮮度、惣菜の品質、人気商品の価格、この3点を兼ね備えた新しいスーパーマーケットが圧倒的集客を実現している。もう一つの軸が黒字モデルのネットスーパー。長年赤字経営が指摘されてきたネットスーパーに新しいモデルが登場した。

 

 

そんな私がスーパーマーケットの具体的なビジネスモデルについて解説するシリーズです。
今回は。スーパーマーケットの価値についてサクッと解説します。
それでは進めていきましょう!

スーパーマーケットの価値とは何か?絶対的1位は「立地」 である。

スーパーマーケットの価値を分析する時に、複数のスーパーがある地域に住んでいる方が、どこのスーパーにいくのか?そしてその理由とは何か?という問いの答えは、以下のアンケートにヒントがあります。

消費者のスーパーマーケットへの意識アンケート

それでは上記アンケートの結果を見ていきましょう。

Q.あなたがスーパーマーケットを選ぶポイントは何ですか?(フルタイム有職主婦)
1位.家から近い 65.8%
2位.職場から近い 43.3%
3位.品揃えが良い 38.5%
4位.価格が安い 30.2%
5位.ポイントサービス 29.1%
6位.駐車場が広い 25.5%
7位.商品の品質・鮮度が良い 21.8%
8位.店内の清潔さ 19.6%
9位.店内の明るさ雰囲気の良さ 18.9%
10位.商品の陳列が分かりやすい 14.5%

これを見て分かることとして、業界人であれば納得できることがいくつかあります。

【基本、同じ商品&同じ販促を展開するチェーン店同士のお店の傾向】
①狭いお店の方が、広いお店より圧倒的に売上が高いことがある。
②売上が高い店はいつも高い。
③近くに競合店が出来ても、売上が減ってしまう店舗と減らない店舗がある。
④近くの競合店が閉店すると必ず一定は売上が上がる。
⑤店舗を改装すると、売上が必ず一定上がる。

つまり、店舗の売上を左右する”圧倒的一番の理由”は立地であるという事実です。
いくら近隣の住人が多く、品揃えが多く取れる大きな店舗を建てたとしても、近隣の幹線道路沿いに、とても車で入りやすい人気店があれば、そこを通過してまで自店に来ていただくことはなかなか難しいということです。

「お客様に挨拶もせず、そんなに品揃えが多くないのに、いつも売場整頓ができておらずガタガタで・・・」というお店がその会社の一番店ということも業界ではよくある話です。

立地の次に来る価値は「店舗規模(大きさ)」である

しかし立地条件が同点であれば、3位~10位の勝負となり、商機&勝機が出てきます。

同じ条件下に立った時の店舗の価値の次にくるのが店舗規模です。
①品揃えの多さ=店舗規模の大きさ 38.5%
※品揃えの多さとは、実質、店舗規模の大きさのことです。
②駐車場が広い 25.5%
※店舗規模の大きさに比例します。
③商品の陳列が分かりやすい 14.5%
※店内がある程度広いからカテゴリーを分かりやすく陳列できます。狭いと探しやすいですが、棚に入らない商品は無理やりミニ机に置いたり、無理やり類似分類に入れ込んだり、そもそも無かったりします。狭い店舗はコンビニの様に割り切るしかありません。

店舗規模が大きいだけで
38.5%+25.5%+14.5%=78.5%のお客様人気が獲得できます。

次は会社全体で「低価格」「ポイントセール」「品質・鮮度UP」を実現

立地と店舗規模はマーケットと企業が決めることで、従業員さんと関係はありません。
大型店舗で集客が出来ていない場合、出店を判断した人に責任があります。

しかし”ガップリ四つ”の競合店同士の戦いは、この先の価値で勝負が決まります。
ズバリ、1章のアンケートからも分かるように、その次の価値は

1位.価格 2位.ポイントサービス 3位.商品の品質・鮮度が良い

です。価格と商品の品質と鮮度は商品部(バイヤー)責任ですし、
ポイントサービスはマーケティング部責任です。
販売部と商品部とマーケティング部がしっかりと肩を組んで対策を実行しなくてはなりません。
競合店とガップリ四つで戦う場合、会社全体のチームワークで雌雄が決します。

会社全体で価格をコントロールし、魅力のある商品や鮮度の良い生鮮食品をお安く提供し、集客が出来る様にチラシを打ち、ポイントセールをきっちりと実施する必要があります。
ここでは予算が必要です。お金が掛けられないのであれば、細々営業するしかありません。

クリンネスと接客、設備のメンテナンスは店長のリーダーシップで!

最後は、アンケートでも8位と9位にランキングしたことですが、この2つはお店だけで出来ることです。

クリンネス、つまり掃除と接客(明るい挨拶とお客様対応)の2つです。

毎日忙しく働いている皆さんが掃除をこまめに実施することは難しいという現状がありますし、お客様との時間を増やせるほど余裕のある人員配置ではないこともわかります。

私は一部上場の大手GMSに在籍していましたが、大手では店舗全体の清掃は専門業者が入っており、依頼すればピンポイントの清掃もしてもらえるので作業に集中できます。

その点でも大手は有利です。

しかし!清掃の日時&場所を決めて開店前に皆で売場清掃を実施したり(商品が並ぶ前に皆で掃除していく)、バックルームの清掃をスケジュール化して実施していくなどの創意工夫や
楽しく働く環境作りを進めることで、感じの良い明るいお店作りを実現していきたいものです。

即効性はありませんが、大切なことだと思います。

まとめ

今回はアンケート結果を基にスーパーマーケットの価値とは何か?という話をしました。
マーケットを分析して集客力のある立地に多くの人が利用できる魅力のある大型店を作ることで、繁盛店(ドル箱店舗)を意識的に作っていくことは可能だと思います。

しかしその後の商品価格をどこまで落すのか?やポイントセールの投入、価値ある商品の投入は専門部署も一緒に会社全体で取り組んでいくことが大切です。

最後は価値としては見えにくい価値ではありますが、清潔な売場の維持や明るい接客はお店の皆が自分のお店が大好きでないと実現できないことだと思います。人事部の企業風土作りや店長さんの日頃の従業員さんへのコミュニケーションが大切だと思います。

皆さんもお近くのスーパーに行った際は、そういったところを見てみてください。
働く場としても、そんな笑顔の従業員さんが多いスーパーが断然おすすめです。
今回はこれで終わりにしたいと思います。有難うございました。

「販売職×食」業界で働いてみませか?

Kei-kun
Kei-kun

新卒で入った会社での自分の成長が感じられなくなりました。
先輩社員を見てると自分の将来が心配で・・。

若いうちに有益な経験を積んでおきたいと思い転職を考えているのですが、どう進めるのが良いのか・・悩んでいます。

そんな方にスーパーマーケット業界をおすすめします!

Masa-kun
Masa-kun

スーパーマーケット業界で働くメリットは、

【業界の特徴】

①仕事の汎用性が高く、現場のスキルを獲得することで日本中どこのスーパーでも正社員として働くことができます(専門性がある仕事)。

②”お客様のおいしい笑顔と健康をつくる”他者貢献の仕事です。

③”食べる”は不況に強い。コロナ禍ではむしろ売上が伸長する等、世の中の情勢に左右されにくい安定した業界です。

④お店の仕事だけではなく仕入担当(バイヤー)、物流管理、施設管理、人事総務、関連会社への出向など幅広い仕事をすることができます。

そんなスーパーマーケット業界にナビゲートします!

スーパーマーケットファンタジー②★心が躍り光輝くバイヤーの仕事★
スーパーマーケットの世界へようこそ!このブログでは「販売職×食」業界について日本一詳しい情報を楽しく発信しています。【Twitter】https://twitter.com/masa_m2 今回はスーパーマーケットバイヤーという仕事の魅力、ビジネス的な面白さについて説明していきたいと思います。スーパーマーケットで買物をするのが楽しい、ワクワクするという方に向けた記事です。それではどうぞ!

1st.転職への戦略を練ろう!

Masa-kun
Masa-kun

まず転職をすることを決意した時にはスケジュールを組む必要があります。
会社に退職の意思を示してから8か月以内に就職するのが良いと思います。
上図を参考に、ご自身のスケジュールをイメージしてみてください。
何だか心のモヤモヤが晴れ、ワクワクしてきませんか?

2nd.最強の「転職・攻略の書」と共に準備を進める

日本で最も就職が難しかった時代のことを「就職氷河期」と言います。
バブルがはじけ、先の見えない長い不況に入り(失われた30年と言われる)、しかも子供の数が一番多かった団塊Jr世代が就職・転職活動をしていた時代です(1995年~2005年)。

その時代に最も有名で、最強の書と言われていた本が「面接の達人(通称:メンタツ)」です。
私もこの本を参考に転職を成功させてきた1人であり
履歴書はどんなことを書くのか?面接ではどんなことを話すのか?それは”2つ”に絞られる
ということが分かりやすく書かれており普遍的で読みやすいのでおすすめです。

【中谷章宏さん紹介】~リーダー論の講演より~


↓ 「面接の達人」の内容を詳しく知りたい方はコチラの記事をご覧ください!

『面接の達人~バイブル版』中谷章宏著 要点まとめ
現在、日本で一番人口が多い団塊Jr世代(1971年(昭和46年)~1974年(昭和49年)生まれ)が就職活動をした時期は平成大不況と呼ばれ、就職先が少ないのに若者の数が圧倒的に多い時代でした。そんな時代に”就職面接の極意”の頂点にあったのが、この『面接の達人』です。この極意のエッセンスを書いていきたいと思います。

3rd.良い企業の面接がGetできる「プロの転職サイト(完全無料)」を使う

退職すると失業保険の手続きでハローワークに行き、求人情報を閲覧することができますが、大手の優良採用募集はあまりないと思います。

なぜなら優良の採用募集は、募集を出す媒体が事前に決まっているからです。

企業は質の高い人に来てほしい。日本には解雇規制があるので一度雇用したら解雇することが出来ないからです。失敗したくないので、きちんと転職サイト(エージェント)で人材を選別してもらい優秀な人を集めた中から採用したいと思うからです。

しかし多くの転職サイト(エージェント)に登録しても情報の整理が出来なくなるだけです。
無名で高額なサイトでは無く名の通った大手の「無料で利用できる」転職サイトに登録することをお薦めします。

悪い噂が立ったらメディアに取り上げられ企業の存続に関わるため、利用者が満足するサービスを確実に提供してくれるからです。

おすすめは、TVCMで一番流れている「マイナビ」

【”マイナビ転職”というフレーズで有名】
成約した企業から収入を得るので応募者からは”完全無料”なので安心です(2022年10月現在)
20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20’s

未経験職種への転職で有名な「アーシャルデザイン」 

こちらも企業側からの報酬により利用者は”完全無料”です。
アーシャルデザインは、未経験向けの企業案件を多く保有しており、転職成功率が86%ととても高いです。未公開の求人数も20,000件と業界の中でも最大級なので、あなたにあった求人がきっと見つかると考えます。

未経験職種への転職なら【アーシャルデザイン】


↓ 私の実際に経験した”スーパーマーケット転職物語”はこちらから!

転職活動リアル体験記【前編】~退職する方法とその後どうなるの?という話~
会社を辞めた後、転職活動では具体的にどんなことが起こるのか?実体験を共有したいと思います。私はスーパーマーケット(食品小売業)を目指して転職活動をしていましたので、同じ業界を目指している方は参考になると思います。

スーパーマーケット業界のすべてを解説

【業界研究まとめ】スーパーマーケットの世界へようこそ!
今回はスーパーマーケット業界について、この記事を読めば、全てのことが網羅できる”総まとめ”を行っていきます。スーパーマーケット業界とは、生活に関連するあらゆるもの、特に食品を中心とする商品を販売する小売業ですが、食品 販売職 / 食品 仕入業務 / 店舗 マネジメント/店舗販促 × マーケティングなど幅広い仕事が混在しているので、業界に入った後のキャリア設計が大変重要です。それを具体的に明示します。
Masa-kun
Masa-kun

今回も最後まで読んでいただき有難うございました。

今後も有益な情報が提供できるよう頑張ってまいります!

スーパーマーケットのビジネスモデル シリーズ

【楽しく学べる】スーパーマーケットビジネスモデル解説①~店舗レイアウトと部門の役割について~
スーパーマーケットがどんなビジネスモデルで成り立っているのか分かり易く解説します。まず店舗全体を部門に分割して解説します。農産、畜産、水産、惣菜など基礎用語を解説します。次に買い物をし易く、売上を最大化していく為に最も良い店舗レイアウトはどのようなものか、それは買い物する際に何から買っていくのか?を想像すると見えてきます。
【楽しく学べる】スーパーマーケットビジネスモデル解説②~スーパーの売上と利益の構造について~
スーパーマーケットがどんなビジネスモデルで成り立っているのか分かり易く解説します。今回はスーパーの売上と利益のビジネスモデルです。売上は集客にリンクし利益は運営コストとリンクしています。集客方法として確立してきたスーパーの新聞折り込みチラシはスマホの普及で徐々に効果を下げています。圧倒的に商品を安く販売するディスカウントスーパーは新聞折り込みを使用せずEDLP戦略を採用しスーパーマーケットの新しいビジネスモデルを創っています。
【楽しく学べる】スーパーマーケットビジネスモデル解説③~スーパーの価値についての考察~
スーパーマーケットがどんなビジネスモデルで成り立っているのか分かり易く解説します。今回はスーパーマーケットの価値について。お客様はスーパーマーケットを選ぶ時にどの価値に重きを置いているのか?という考察です。私見ではなく外部のアンケート結果を基に現場の状況を踏まえて解説していきたいと思います。それではそうぞ!
【楽しく学べる】スーパーマーケットビジネスモデル解説④~会員カード戦略・集客と顧客満足~
今回は、スーパーマーケットの会員カードのマーケティング戦略についてお話していきたいと思います。会員カードの活用法は大きく2つ①集客②顧客満足の向上/ スーパーマーケットの集客を担っていた新聞の購読率は直近20年で1,500万部も落ちています。スマホで有用な情報がリアルタイムで取れる時代に新聞でスーパーの特売情報で日替わり特売で集客する時代は終わりを告げようとしています。会員カードから得られた顧客情報を基に、自社が来てほしいお客様だけがお得になるマーケティング戦略を展開していくことが大切です。
【楽しく学べる】スーパーマーケットのビジネスモデル⑤~業界の最新トレンド~
全国スーパーマーケット協会より、最新2022年度版スーパーマーケット白書が一般公開されました。この記事ではスーパーマーケット白書を基にスーパーマーケットの現状から傾向を導き出し未来予想図を作っていこうと思います。最新でリアルな統計情報になりますので精度高い考察ができると思います。業界の方は勿論のこと、業界を目指す方や食品小売りビジネスに携われている方はぜひご参考にしてください。それでは行きましょう!
【楽しく学べる】スーパーマーケットビジネスモデル解説⑥~コロナ禍がもたらした食生活の変化~
コロナのパンデミックで食生活が変わったように思います。外食も良いけど、自宅で食を楽しむシーンが増えたり・・。スーパーマーケット業界全体ではどんな変化があるのですか?そんな質問に答えていきます。コロナ禍で生活の価値観が一定変化をしました。アフターコロナにおいても一度総括しておきたいテーマです。
【楽しく学べる】スーパーマーケットビジネスモデル解説⑦~スーパーマーケット値引きのしくみ、売り切る方法を解説~
スーパーマーケットがどんなビジネスモデルで成り立っているのか分かり易く解説します。今回はスーパーマーケットの値引きの仕組みを考察します。いつ行けばどんな商品が安く買えるの?というスーパーの攻略法的な回になります。生活者はお得に買える仕組みを知ることができますし業界の若手の方であれば仕事の理解を深める手助けができれば幸いです。
【楽しく学べる】スーパーマーケットビジネスモデル解説⑧~ネットスーパーの業務内容を徹底解説~
(質問者)転職をしようと色々と調べているのですが、未来に発展する仕事として「ネットスーパー」がいいなぁと思っています。どんな仕事なのか知りたいです。(回答)店舗と違いお客様からは見えないところで仕事をしているネットスーパー。本記事ではネットスーパーを志す人達に向けて、その実情やビジネスモデルを徹底解説していきたいと思います。
【楽しく学べる】スーパーマーケットビジネスモデル解説⑨マーケティング★世代別ターゲッティング講座★
スーパーマーケットの世界へようこそ!今回はマーケティングのお話をしたいと思います。その中でも今回のテーマは”ターゲッティング”です。「いつ」「誰に」「何を売るのか?」という戦略を立てるために必要なお客様理解の話をしたいと思います。世代によって商品に感じる価値(魅力)は違います。例えば、鰻の蒲焼きの場合「高くても国産が買いたい」という世代と「味がそんなに変わらないなら安い輸入品が買いたい」という世代に分かれます。それはこれまでの人生においてその世代が感じてきた社会環境の違いによって醸成されているのです。
プロフィール
この記事を書いた人
Masa-kun

【Twitter】https://twitter.com/masa_m2「販売職×食」業界の専門家|経歴:生協、GMS、食品SM|職務:バイヤー、店長、ネットスーパー、マーケティング(MD立案)|「販売職×食」業界の歩き方、昇り方、渡り方について発信します。

Masa-kunをフォローする
『販売職×食』業界解説
Masa-kunをフォローする
タイトルとURLをコピーしました